1. TOP
  2. コラム
  3. フラット35をすぐに借り換えをしない方が良い場合とは?

カテゴリー:

フラット35をすぐに借り換えをしない方が良い場合とは?

借り換えのデメリット

借り換えのデメリット

 

フラット35は固定金利なので長期間住宅ローンを返す場合、返済計画が立てやすく、一旦低金利で借りれば長期間低金利のまま返済できます。
そこでフラット35にすぐ借り換えすることを考える方がいます。
ところがフラット35にもメリット同様デメリットが存在します。
ここではフラット35をすぐに借り換えしないほうが良いケース、つまりデメリットについて解説します。
借り換えをお急ぎの方はぜひ参考にしてください。

 

いつまでも変わらない安心の代わりにデメリットもある

低金利の時期に借りるといつまでも低金利が固定なので安心して返済できる住宅ローンがフラット35です。
メリットは金利上昇のリスクがないので、固定額を返済すればよいという点です。
ところがこれにはデメリットもあります。
固定金利の住宅ローンを借りている方が、より低金利なフラット35に借り換えると得になります。
しかし短期間で見ると実は変動金利のほうが低金利なので、長期間の低金利時代なら変動金利のほうがメリットはあります。
つまり皮肉な話ですが低金利時代だからともてはやされているフラット35は、長期間金利が低い状態が続けば、変動金利ローンのほうが得をする構造になっています。
逆に金利上昇の機運があれば、フラット35はメリットが高くなります。
つまり金利が上昇しないと損になる可能性があります。
あまり考えたくないことですが、フラット35は最初に多少の損をしても、将来金利が上がると得をする可能性がある、というタイプの住宅ローンということになります。

すぐ借り換えしたい人には不向きなフラット35借り換え

現実的なことを考えると、短期的な住宅ローン借り換えの場合とフラット35の借り換えはだいぶ様子が違います。
それは民間金融機関が用意する住宅ローンなら民間機関だけが審査して融資まで比較的時間がかからない場合が多いでしょう。
ところがフラット35は住宅支援機構も審査します。
そのため承認までは最低でも1カ月以上はかかります。
最近では短期的な変動金利ローンでも固定金利ローンでも民間なら2週間以内に借り換えできるタイプのものが用意されています。
ところがフラット35は申し込みから審査、融資迄が長いのが実態です。
また審査で落ちるという可能性もあります。
そして融資実行時の金利が適用されます。
実はこれが最も問題で、借りたい時の金利ではない可能性がある、ということです。
実は融資審査まで1カ月かかり、その間に金利が上昇したのでは借り換えの意味がありません。
逆に低金利になっていればよいのですが、そうとは限りません。
当初の返済計画通りとはいかないこともあります。
つまり急激な金利の低下によってすぐ借り換えをしたい人、最短で借り換え審査を受けたい人には向かないということです。
これは他の住宅ローンからフラット35に借り換える、フラット35からフラット35に借り換える、フラット35から変動金利に借り換える場合も同様のことが言えます。

急ぎの借り換えやすぐ融資を受けたい場合には不向きなフラット35

今は超低金利時代を更新しています。
あまりこのようなことは近年にはありませんでした。
本来短期の融資なら変動金利が低金利時代には得をするケースが多いのですが、長期的な視野を考えて安全策を考えると低金利が続くフラット35は心配がない、という理由で借りる方が多いというのが本当のところでしょう。
ではフラット35をすぐに借り換えしないほうが良い場合は、単純に言うと急に融資が必要になった場合や借り換えを急いでいる時などです。
審査に時間がかかり、民間と団信でダブルの審査があるフラット35は、融資実行まで時間がかかります。
さらにその時に安定した金利状態が続かないなら、リスクが高まります。
急に融資が必要な場合もフラット35は向きません。
そんな場合は民間金融機関の併用ローンなどを上手に利用してフラット35につなげて利用することも可能です。
どうぞ借り換えの際はご検討ください。