1. TOP
  2. コラム
  3. フラット35の審査が通らない事例

カテゴリー:

フラット35の審査が通らない事例

審査に落ちる理由

審査に落ちる理由

人気の長期固定金利ローンフラット35ですが、実際に利用したくても審査が通らないという事例があります。
実は民間の金融機関で審査を受けた後、商品の提供元である住宅金融支援機構(通称機構)でも審査が行われます。
一旦落ちてしまうと金融機関はその理由を教えてくれません。
そこでここではフラット35の審査を通したい方のために、どんな時に審査が通らないのかを実際の事例を通じてご紹介します。

 

 

こんな理由で審査に落ちる!

○わかりやすい理由で審査に落ちる場合
勤め先がどんなに一流でも公務員でも、ブラックリストに掲載されていると審査は確実に落ちます。
このブラックリストとは指定信用情報機関(CIC)の情報リストでカードの支払いに延滞がある場合などに書き込まれてしまいます。
即日審査に落ちるという例もあるので、心配な方は事前に情報機関から自分で請求して確認してください。
その時に「異動」という文字が記載されていると審査に確実に落ちます。

○現在・過去の借入が影響している場合
CICの記載が無くても複合的に審査に通らないこともあります。
実は消費者金融などから借り入れがあり、返済がたびたび遅れると審査が通らないこともあります。
実は厳しい銀行だと、消費者金融自体から借り入れてること自体が審査に通らない理由になるところもあります(その場合は他の金融機関で審査を通します)。
また現在も消費者金融に借入れがあった場合はかなり厳しく審査されます。
都市銀行系はキャッシングでも事前審査に落ちるケースがあります。
腹立たしいのは銀行系のキャッシングで借りたとしても、それが問題となり審査が通らないということです。
ただし地方銀行には間違いなく返済している(遅れが無い)消費者金融からの借り入れがあっても、審査に影響しない場合もあります。
そして借り入れ額にも問題があります。
そして借り入れしていない場合でもキャッシング枠金額を返済負担率として計算することもあります。
つまり事前に解約しておいたほうが無難ということです。

○年収に従って借入額が決まるので希望額までは借りられない場合
金融機関は年収によって貸せる金額を予め決めています。
返済負担率と呼ばれています。
この返済負担率限界まで借り入れの申し込みをすると審査が通りにくくなります。
これは銀行でもこの程度という計算をしてくれるはずなので、限度額まで融資を受けるというのは考えにくいのですが、強引に返済負担率限界まで申請すると落ちる場合もあります。

○他にも借り入れがある場合
消費者金融などに借入れはないものの、他に車や何かのリボ払いがあるケースは審査が通りにくい可能性があります。
ただしクレジットカードを使うな、ということではなく買い物で1回払いを選んでいると返済負担率に含まれません。
これらは実際の事例をもとにご紹介していますが、わかりやすく言うと銀行や金融機関にとってリスクのある方は借り入れさせないということです。
普段のお金の使い方を厳しく審査している訳で長期間返済するのだから、お金の管理や支払能力を確認しているという訳です。

○勤続年数・雇用形態・給与変動がある・最低年収がクリアできない場合
勤続年数が余りにも短い(1年など)とか、契約社員(例外あり)である、給与に変動がある(歩合があり変動する)、金融機関が定める最低年収をクリアできない場合も審査には落ちてしまうことがあります。

他にもこんな事例がある!

ここまででわかることは、融資する側はなるべく安全な借り主を選びたい訳です。
そこでこれ以外にも厳しい審査が課されることがあります。
にわかには信じがたいのですが、例えば離婚したとか(慰謝料や養育費がかかる)、男女とも独身とか、妻だけが申し込みをしに来た(これは妻に所得がきちんとあれば最近では問題がないケースも)なども落ちるケースがあるようです。
落ちた理由は人によってそれぞれですが、金融機関の立場に立つと少し見えてきます。
ここは事例ですが少しでも参考にしてください。
仮にフラット35の審査に落ちたとしても、他にも住宅ローンは色々組めますので、あまり失望しないようにしてください。